ぺんぎん戦記別館
戦ってないほう、ただの日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スキルトランスファー
2010年01月10日 (日) 22:08 | 編集
知人というか同僚というか後輩という感じのひとの
所属している会社に、お世話になった先輩が入社したってので
驚いています。

ややこしいんだけど、その後輩も元は派遣会社から
今私が勤めている会社に派遣されていて、
先輩ってのも、もともと別の会社から派遣で今私が勤めている会社に
来ていて、二人とも、もともとの自社を辞めて、
同じ別の小さな会社に属す事になって、またそれぞれ同じ業界だけど
別々の会社にエンジニアとして派遣されてるーという。

その小さな会社がそういう技術者の派遣を事業としてる感じなのね。


若干うらやましい気もしたので、先日その後輩と会った際に
「僕もその会社にいれてー」なんて冗談半分でいったり。

しかしなぁ、、、
一生、最前線で闘えるエンジニアで居続けられるとは
正直思ってないし、それでいいとも思っていない。

まだまだいけると思うし、後輩には大きな溝をあけてる自信もあるけど
過去の経験と知識がすべての職人的世界でもないからなぁ。

個人的にエンジニアーって仕事は、自分のスキルを発達させることに
力を注ぐあまりに、ある程度の年齢になったときの
将来のポジションとかマネージメントとか、そういう方向ってのが
いまいち用意されてない気がする。

名選手が名監督になれないのと同じで、
選手としては駄目でも折衝ごとのうまいひとは
よい管理職になれるのかなー、とかいーろいろ考えたり。


これからの仕事のやり方もちょっとづつ
変化させていかなきゃいけないと思ってじつは早数年。。。

今年こそは、変えられるかしら??


ITエンジニアが独立して成功する本~年収2000万円を稼ぐ!
岩松 祥典
翔泳社
売り上げランキング: 132117
おすすめ度の平均: 4.0
3 独立の検討に役立った
4 理想的なフリーの働き方を紹介
5 心構えには良い書籍
2 独立のための入門書
4 やる気になります

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。